Hero image

がんばるな、ニッポン。
これからも、テレワークという選択肢を。

経営者の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症の流行を機に、
私たちの働き方が大きく変化しています。

これからもテレワークを続ける会社や、
「原則出社」に戻す会社など、
いろいろな企業があると思います。

そんな今だからこそ、問いたい。
社員に通勤をがんばらせることは、
本当に必要でしょうか?

デスクワークが中心でも、
在宅勤務を求める社員がいても、
通勤を強制する意味はあるのでしょうか。

出社したい人は、出社する。
在宅勤務をしたい人は、在宅勤務をする——。

「100人100通り」の働き方が、
もっと当たり前になるように。

テレワークを活用できる企業が増えることで
どうしても出社しなければいけない方のリスクを
減らすこともできます。

これからも、テレワークという選択肢を。

このテレビCMとWebサイトが、
皆さまの働き方のチャレンジを後押しする
きっかけになれば幸いです。

これからは「クラウド上のオフィス」に出社する時代

オフィスへの出社が基本の従来の働き方では、時間や場所の制約が強くありました。

ハンコを押すためだけに出社の必要が出てきたり、家で働くと不便が多く出てきたり……。

しかし、そんな時代もテクノロジーの発展とともに変わりつつあります。

出社したい人は、出社する。在宅勤務をしたい人は、在宅勤務をする——。そうしたことが可能になる「クラウド上のオフィス」中心の働き方を、私たちは提案します。​​

サイボウズの情報共有ツールは、テレワーク継続を阻む「3つのバラバラ」を解決します

​情報のバラバラ

紙、メール、Excelなど、会社や会社のPCにバラバラに置かれた情報——。

サイボウズ製品では、これらを「クラウド上のオフィス」にまとめて「出勤しないとできない仕事」を減らせます。

​組織のバラバラ

テレワークでは、隣の部署の様子が見えなくなり、組織の壁が厚くなることも——。

サイボウズ製品では、仕事の情報から何気ないコミュニケーションまで共有し、一体感を作ることもできます。

​働き方のバラバラ

在宅勤務する人、出社する人、時短勤務をする人——。

サイボウズ製品では、情報をクラウドで共有することで、働く時間や場所が異なる社員同士でも、チームワークを発揮できるようサポートします。

サイボウズ製品でテレワークに挑戦する企業の声

kintoneで混乱なくテレワークを始められました
サイボウズ Officeとメールワイズで在宅勤務に挑戦中
在宅勤務にGaroonを活用

緊急事態宣言が発動した2020年4月以降、社員全員でテレワークへと急遽移行しました。

準備期間はわずか2日程度でしたが、もともとコミュニケーションや発注業務をkintoneで実現していたので、混乱なく、事業を継続できました。

(NDIソリューションズ株式会社 様)

サイボウズ Officeで不在時の電話などを共有できるようになり、お子さんがいらっしゃる方でも働きやすい環境になりました。

メールワイズでは、メールの非属人化を実現できています。

こうしたIT基盤のおかげで、最近では在宅勤務にも挑戦できています。

(堀下社会保険労務士事務所 様)

現在、在宅勤務をトライアル導入している段階ですが、在宅勤務中の情報交換スペースをGaroonで作ったり、育休中の社員への情報提供にGaroonの掲示板を利用したりしています。

(ゼブラ株式会社様)

テレワークを支えるサイボウズ製品

中小企業向け
かんたんらくらくグループウェア

連携・カスタマイズ可能な
中堅・大規模組織向けグループウェア


ビジネスアプリ作成クラウド

届いたメールを複数人で共有できるツール

サイボウズ社内のテレワーク実践例を部署別にまとめました

サイボウズ社内のテレワーク実践10年間をまとめたWebサイトを公開中

テレワーク実践の10年間をまとめたWebサイト
テレワークの推進を提案する新聞広告を掲載(2020/03/06)

これからも、テレワークという選択肢を。

Some Illustrations by Stories by Freepik

Copyright © Cybozu, Inc.